令和3度委員会組織

会   長
  • 清水 篤志(芦城中)
副 会 長 宮川 教高(能美小)   濵口 淳也(稚松小)*   上玉利 賢(安宅中)*   澤村 高史(丸内中)*  坂本 啓太(芦城小)   駒澤 美紀(芦城中)   宮崎  忍(御幸中)   若山 弘子(芦城中)   白石 知里(中海小)
会   計
  • 佐々木香子(芦城中)      
顧   問 道場 幹雄(御幸中)   中井 泰孝(板津中)

 

総務委員会

委 員 長 林  恭弘(第一小)
副 委 員 長 北  佳孝(今江小)*
理   事 志武 陽子(安宅小)*
担 当 役 員 宮川 教高(能美小)
委   員
  • 米森 美来(荒屋小)
  • 吉岡 宏恭(苗代小)
  • 中山 秀樹(粟津小)
  • 吉本 計典(那谷小) 
  • 谷保 裕樹(松東みどり)  
  •  
  •  
担 当 校 長 若山 直代(荒屋小)

 

広報委員会

委 員 長
  • 田中 宏茂(犬丸小)
副 委 員 長
  • 杉山 広明(板津中)*
理   事
  • 釣川 久子(松東みどり)
担 当 役 員
  • 濵口 淳也(稚松小)*
委   員
  • 山田 和則(向本折小)
  • 桑名 謙輔(符津小)
  • 竹田 大輔(能美小)
  • 飴山 和朗(松陽中) 
  • 酒井 基樹(南部中)  
  • 小松 真也(安宅中) 
  •  
担 当 校 長
  • 小山 貴子(木場小)

 

豊かな心を育む委員会

委 員 長
  • 加藤 武敏(東陵小)
副 委 員 長
  • 吉田  崇(犬丸小)*
理   事
  • 村井 俊隆(御幸中)*
担 当 役 員
  • 上玉利 賢(安宅中)
委   員
  • 裕角谷剛志(月津小)
  • 西井 裕兵(矢田野小)
  • 東 栄二朗(日末小)
  • 中島 耕平(蓮代寺小)
  • 北川 裕章(串 小)
担 当 校 長 村上希久子(今江小)

 

研修委員会

委 員 長
  • 水落 宣行(芦城中)*
副 委 員 長
  • 山田 竜也(中海小)*
理   事
  • 西  貞信(国府中)*
担 当 役 員
  • 澤村 高史(丸内中)*
委   員
  • 毛利 友憲(木場小)
  • 吉田 睦子(国府小)
  • 今井  誠(東陵小)
  • 伊島 孝昭(中海中)
担 当 校 長
  • 廣田 恵子(松東みどり)

 

未来の宝育成委員会

委 員 長
  • 金子 哲也(芦城小)*
副 委 員 長
  • 平島 慎也(第一小)*
担 当 役 員
  • 坂本 啓太(芦城小)
  • 宮川 教高(能美小)
  • 濵口 淳也(稚松小)*  
  • 白石 知里(中海小) 
  • 若山 弘子(芦城中)
  • 駒澤 美紀(芦城中)  
  • 澤村 高史(丸内中)* 
  • 宮崎  忍(御幸中) 
    •  

 

輝く心の学び委員会

委 員 長
  • 北出  葵(中海中)
副 委 員 長
  • 谷中佐祐里(稚松小)
  • 江畑いずみ(東陵小)
担 当 役 員
  • 白石 知里(中海小)
  • 佐々木香子(芦城中)
  • 若山 弘子(芦城中)  
  • 宮崎  忍(御幸中)
担 当 校 長
  • 青木 敬子(月津小)
*は令和3年度単P会長

 

小学校長会

会   長
  • 肩  恭子(稚松小)

 

中学校長会

会   長
  • 河南 光昭(御幸中)

 

監   事
  • 北村 裕樹(南部中)
  • 田村 義彦(安宅小)
事 務 局
  • 若林 純代

 

小松市立学校PTA連合会活動目標

1)主題・基本方針及び活動努力目標の設定について

世界中で猛威を振るっている、未曽有の新型コロナウィルス感染のリスクが、家庭・教育現場・子どもたちに大きな影響を与えております。今までの生活が一変し、自宅で過ごすことを基本生活としていることによる運動量の低下や生活リズムの乱れ、情緒不安定な様子が見られるなど、子どもたちの自粛ストレスも大きなものだと感じております。また、保護者の皆様におかれましても、初めての経験で先の分からない生活状況に不安を抱えつつ、親として子どもたちに安心感を与えながら過ごされていることと思います。今後も感染拡大を起こさない努力が必要とされ、私たちの生活スタイルもあらためて見つめ直すことが求められています。このような状況下で、子どもたちがSNSを通じた犯罪や非行行為、新型コロナウィルスによる風評被害等でいじめに巻き込まれないようにするためには、豊かな心を育む環境が大切なのではないでしょうか。そこで、次世代を担う子どもたちの豊かな心を育む環境づくりを主題として、今までに培ってきた「家庭・学校・地域の連携の力」を発揮し、一丸となって共にこの苦境を乗り越えるよう努めてまいります。また、PTA活動においても活動が軒並み中止や縮小になるなど「新しいPTAのあり方」が突如突き付けられる事態となっております。しかし、この事態を”ピンチ”とだけ捉えず、もう一度活動を根底から見直す”チャンス”と捉え、時代に即したPTA活動を目指してまいります。そして、社会全体で次世代を担う子どもたちの成長を見守り、子どもたちが安全で安心して過ごせる平穏な生活の中にある「幸せ」を感じられる環境を大切にし、子どもたちの輝く未来のために、家庭・学校・地域の教育力の総合的向上と子どもたちの健全育成に取り組んでまいります。

 

2)主題

次世代を担う子どもたちの豊かな心を育む環境を
~時代に即したPTAを目指して~

 

3)基本方針

  • 生活習慣の重要性を再認識し、心身共にたくましく、人の心を思いやれる小松っ子を育てましょう。
  • 保護者が自ら学び、行動する。親としての責任感を自覚して家庭の教育力向上の推進に努める。
  • 家庭・学校・地域との連携強化により、子どもたちが安全で安心して過ごせる環境づくりを推進する。

 

4)活動努力目標

  • 未来を拓き、生き生きと輝く子どもたちのために活力あるPTA活動を創造する。
  • 自ら考え、学び・行動できる意欲に満ちた子どもを育てるPTA活動を推進する。
  • 親子のふれあいを深め、敬愛と感謝の心を育てるPTA活動を推進する。
  • 家庭・学校・地域それぞれの教育力の向上と充実を追及し 関係諸団体との連携を積極的にはかりPTA活動を推進する。
  • 自然とふるさとに親しみ、郷土愛と誇りを持つ子どもを育てるPTA活動を推進する。
  • 会員みんなが参加し、生きがいと楽しさを創造する生涯学習の場となる自立したPTA活動を推進する。